menu
表参道しらゆり歯科

FAQセラミック治療のよくある質問

審美歯科(セラミック)治療のQ&A

治療内容

クラウンとブリッジの違いについてですが、

  • クラウン:1本の歯に単独で被さる被せもの
  • ブリッジ:複数の歯にまたがる被せもの

が主な違いとして挙げられます。ブリッジは歯が無い部分をダミーの歯で補います。

当院のセラミック治療について

可能です。

リスクやデメリットとして、天然歯を削るため歯が細長くなり過ぎたり、神経を取り除かなければならないなどといった事があげられます。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

基本的には矯正治療をおすすめします。

セラミック治療は、歯を削って被せものをかぶせるわけですが、削った歯は元には戻りませんし、セラミックを被せるということは、咬み合わせの力でセラミックが欠けてしまうなどのリスクも負うことになります。

矯正治療は非常に時間がかかりますが、ご自身の歯のまま見た目を改善できるため長い目で考えた場合のメリットが大きいと思われます。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

単独でセラミックの被せものをした場合、他の歯に何らかの悪影響が及ぶことはほとんどありません。

ただし、食いしばりや歯ぎしりなどの悪習癖によってセラミックに加わる力は極めて大きく、どんなに頑丈に製作しても割れることはありますし、このような悪習癖によって咬み合わせの相手の歯を擦り減らしてしまうこともあります。

あくまで口の中に人工物を入れるわけなので、絶対に割れない保証はありません。

当院のセラミック治療について

審美性

可能です。

神経が無い歯は常に感染のリスクにさらされるため、被せもので全体を被覆してあげるのが基本的な処置となります。

程度にもよりますが、セラミックで被せることにより色味なども大幅に改善することができます。

セラミック治療について

根管治療について

可能です。

基本的には銀歯を外してセラミックに置き換えることで自然で目立たない歯にすることができます。

セラミック治療について

一生機能するように努力をしております。

丁寧な治療をすることで、2次的な虫歯や歯周病にならないようにすることはできますが、歯ぎしりや食いしばりによってセラミックが破壊されるリスクは避けられません。

また、しっかりとしたメンテナンスを継続すれば、変色もほとんどしません。

セラミック治療について

虫歯や歯周病といった問題がなければそのままにしておいても問題はありません。

おそらく、被せものに使われている金属が原因となっていることが多いのですが、審美的な要求からメタルフリーの材料に交換することとなります。見た目が気にならないのであれば黒ずみを放置することで体に悪影響がでることはありません。

ただし、金属アレルギーが疑われる場合は対応が必要となります。

セラミック治療について

治療費

治療費に関しては、歯の神経があるのかないのか、で異なります。

エコノミーオールセラミックの場合
  • 神経のある歯:セラミック・仮歯の金額のみなので、約9万円
  • 神経のない歯:神経が無い歯の場合、約25万円

神経がない歯の場合は、根管治療・土台(コア)などまで遡ってやり直さなければならない場合が多く、被せものの種類や根管治療をするかしないかなどで金額は変わってきます。

セラミック治療費について

全ての歯が神経のある歯で、根管治療や土台の治療が不要だと仮定します。

まずは28本全てを仮歯に変え、順次セラミックを製作していきますが、一度の診療時間を2時間前後と長めに確保できたとしても20回以上の来院が必要になります。

従って、月2~3の来院ができたとしても約1年の期間となります。仮歯とあわせた1本あたりの金額を8~11万円とすると費用は約280万円となります。

セラミック治療費について

4本全てが神経のある歯だと仮定すると、

仮歯への交換形態の仕上げ型取りセット(仮づけ)本セット

の計5回、月2回の来院が可能だとして2か月半程の期間になります。

費用は仮歯を含めて1本あたり約10万円なので、約40万円となります。ただし、被せものには色々な種類があるため費用もそれぞれに応じて変わります。

また、神経がない歯の場合、根管治療のやり直しや土台の治療も必要になる可能性があるため、費用や期間が大幅に変わります。

セラミック治療費について

一部保険適用となったセラミックもありますが、適合性などの観点から当院では導入していません。

従って、当院のオールセラミック治療はすべて保険適用外となります。

セラミック治療費について

エコノミーは単一の材料でできた無垢のセラミックなのに対し、スタンダードは中心部を形成するフレームと、表層を形成するセラミックの2層構造でできています。

同じセラミックでも組成や構造が別物なので、厳密にはさまざまな違いがありますが、日常的な使用の観点から強度に大きな違いはありません。

ただし、スタンダードは表層のセラミックによりさまざまな色味やグラデーションを再現するのに有利で、より自然の歯に近い仕上がりになります。

セラミック治療費について

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております