menu
表参道しらゆり歯科
×

Cases治療症例

40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療

患者様
40代女性
治療期間
1ヶ月
概算治療費
7万円
担当医
今村

来院動機

初診の際に撮影したレントゲンにて以前他院で治療していた詰め物が適合不良であることが判明し、再度治療をしてほしいとのご希望でした。

治療計画

ぱっと見ただけでは特に問題ないように見えますが、レントゲンをよく確認すると詰め物と歯の間に隙間がはっきりと確認ができます。
適合不良であるインレーを放置するリスクを患者様へ説明してご納得いただいた上で、オールセラミックインレーで治療を行うこととしました。

治療後について

詰め物の下に隙間がある場合、隙間に細菌が侵入し虫歯が再発してしまう可能性があります。また、詰め物が割れたり外れたりしてしまう危険性もあります。
ですのでもし隙間が見つかった場合には再度治療をすることをお勧めいたします。

治療前
40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療
治療後
40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療40代女性 古い不適合な詰め物をセラミックインレーで再治療

隙間が発生しているインレー(詰め物)

治療完了した歯でも、時間の経過や力的作用によってセメントが変性したり、隙間が空くことによって詰め物の下に虫歯が発生したりすることがあります。
そうならないためにも適合の良い剛性にも優れた素材を用いた治療を求められます。特にセラミックが使用されたインレーは見た目が自然なだけでなく適合性、剛性共に高い水準を持つためリスクを減らすことができます。
しかしセラミックは金属に比べて強い衝撃には弱く欠けたり割れてしまう可能性があるため注意が必要です。

関連する症例

20代男性 深い虫歯を長持ちするゴールドインレーで治療 治療前
20代男性 深い虫歯を長持ちするゴールドインレーで治療
10代女性 生まれつき小さい歯をセラミックで補綴しすきっ歯を改善する 治療前
10代女性 生まれつき小さい歯をセラミックで補綴しすきっ歯を改善する
30代女性 前歯のブリッジ治療例 治療前
30代女性 前歯のブリッジ治療例

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております