menu
表参道しらゆり歯科
×

Cases治療症例

30代女性 深い虫歯と銀歯のセラミック 治療例

患者様
30代女性
治療期間
1年
概算治療費
37万円
担当医
福本

来院動機

保険治療で行った銀歯をセラミックできれいにしたいという希望で来院されました。

治療計画

銀歯を外すと深い虫歯があり、この状態のままセラミック治療をしても、歯茎と骨に隠れてしまう為、最初に歯茎と骨の手術を行った上で、セラミック治療をする計画にしました。

治療後について

左下の第一大臼歯の銀歯を外したところ、深い虫歯があり、被せ物と歯の境目がしっかり合っていない状態でしたが、手術をすることで、虫歯を取りきり、しっかりと適合する被せ物を作成する事が出来、患者様にも大変満足していただきました。

治療前
30代女性 深い虫歯と銀歯のセラミック 治療例30代女性 深い虫歯と銀歯のセラミック 治療例30代女性 深い虫歯と銀歯のセラミック 治療例
治療後
30代女性 深い虫歯と銀歯のセラミック 治療例30代女性 深い虫歯と銀歯のセラミック 治療例30代女性 深い虫歯と銀歯のセラミック 治療例

銀歯の下にある虫歯

銀歯の下にある虫歯は、視診やレントゲンのみでは確実に診断できない場合があります。

銀歯の縁が欠けていたり、歯が黒ずんでいたり穴が開いていたりすれば虫歯の可能性が高まりますが、これらの症状は銀歯の劣化や銀歯と歯の間の隙間によるものである可能性もあります。

レントゲンでは、銀歯の下に黒い影が写る場合がありますが、これは虫歯だけでなく、銀歯をくっつけている接着剤や神経を保護するセメントが黒く写っている可能性もあります。

そのため、銀歯の下の虫歯を診断するには、視診、レントゲンに加えて、触診、打診、う蝕検知液の方法を組み合わせて、虫歯の有無と進行度を判断します。

また、銀歯を外して直接歯の状態を確認する必要がある場合もあります。

銀歯の下の虫歯は、自覚症状がない場合が多いため、定期的な歯科検診で早期発見・早期治療することが大切です。

セラミック治療のリスクについて

・天然歯を削ります
・硬い素材は天然歯を傷つけてしまう場合があります
・かみ合わせや歯ぎしりが強すぎる方はセラミックが割れてしまう可能性があります
・自費診療(保険適用外治療)となります

セラミック治療とは

差し歯、前歯の変色や銀歯が気になる場合や歯が欠けてしまった場合などに、保険診療によるレジン製のクラウンではなく、セラミック製(自費診療)のクラウンを使用した治療です。
セラミック製のクラウンの治療費は保険治療と比べると高くなりますが、審美性や耐久性に優れた素材のため、歯を長く、綺麗に保つことができます。

当院のセラミック治療の特徴

・拡大鏡を使用します。
・被せ物との隙間限りなく無くす精密歯科治療を行っています。
・短期集中治療を行っています。
・オールセラミック、ジルコニア、メタルボンドセラミック、ハイブリットセラミックなど、ご予算に合わせた素材をご用意しています。

関連する症例

20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療 治療前
20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療
50代女性 差し歯と銀歯のセラミック治療 治療例 治療前
50代女性 差し歯と銀歯のセラミック治療 治療例
10代女性 生まれつき小さい歯をセラミックで補綴しすきっ歯を改善する 治療前
10代女性 生まれつき小さい歯をセラミックで補綴しすきっ歯を改善する

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております