menu
表参道しらゆり歯科
×

Cases治療症例

20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正

患者様
20代男性
治療期間
3年
概算治療費
105万円(税込)
担当医
安田

来院動機

マウスピースによる矯正治療をご希望されました。

治療計画

重度の叢生(歯列の大きいガタつき)だったため、当初ワイヤーによる抜歯矯正をご提案しました。
どうしてもマウスピースが良いと希望されたため、治療の途中でワイヤー治療に切り替える可能性もあることを十分ご理解いただいた上でインビザラインによる抜歯矯正治療を行いました。

治療後について

1日20時間以上、正しくインビザラインを着用していただけたため、ワイヤーに切り替えることなく矯正治療を終了することが出来ました。
周囲からも歯並びがすごく綺麗になったと言われたのことでご満足いただくことができました。
(ご本人のご希望により、矯正治療前に舌小帯切除術も行っております)

治療前
20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正
治療後
20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正

矯正治療のデメリット(リスク)

・矯正治療は後戻りのリスクがあります
・症状により、矯正治療前に歯周病や虫歯治療が必要な場合があります
・マウスピースでの矯正治療は適切に装着しないと治らないリスクがあります
・症状によって、抜歯が必要なケースがあります
・治療中は痛みや違和感がある場合があります
・治療中は歯磨きがしにくく、歯周病や虫歯になりやすくなります
・自費診療(保険適用外)です

関連する症例

10代女性 早めに始める受け口(反対咬合)の矯正治療 治療前
10代女性 早めに始める受け口(反対咬合)の矯正治療
30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善 治療前
30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善
20代女性 歯軸傾斜を改善して噛み合わせを正しくする 治療前
20代女性 歯軸傾斜を改善して噛み合わせを正しくする

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております