menu
表参道しらゆり歯科
×

Cases治療症例

30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善

患者様
30代女性
治療期間
1年6ヶ月
概算治療費
902,000円 (インビザライン コンプリヘンシブパッケージ + マイクロインプラント)
担当医
今村

来院動機

ガタガタした歯列の見栄えが悪く歯磨きがしづらいとのことで来院されました。

治療計画

検査したところ歯の叢生自体は歯列幅の拡大やディスキング(IPR)で解決できる範囲内でした。
ですが、上顎左側の歯が前方へ寄っている状態であるため噛み合わせにズレが生じていました。
よって噛み合わせのズレをマイクロインプラントを使用して歯を移動させ、インビザラインにて歯列の整えを行うこととしました。

治療後について

笑った時の歯の見え方が改善され患者様にご満足いただけました。

治療前
30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善
治療後
30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善

ガタつきが生じる原因

生えている歯に対して顎の骨が小さいなどでスペースが足りないため舌側へ倒れてしまったり、歯列からはみ出てしまうことがあります。
歯列幅の狭窄の場合は歯列弓を拡大するだけでも歯列を整えるだけのスペース確保が可能になる場合があります。

ディスキング(IPR)について

矯正治療において歯を動かすスペースが必要となります。
その際に歯と歯の間を薄く最大0.5mmまでの範囲内で削りスペースと確保する処置をディスキング(IPR)といいます。
当院ではなるべく歯の機能や見た目に影響の出ないよう、作業時に拡大鏡(マイクロスコープ)の使用や削るタイミングの微調整を行っています。

関連する症例

30代女性  ガタつきのある狭窄歯列を改善する 治療前
30代女性 ガタつきのある狭窄歯列を改善する
20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正 治療前
20代男性 インビザライン単独での抜歯矯正
20代男性 上顎のガタガタな歯列をインビザラインで矯正治療 治療前
20代男性 上顎のガタガタな歯列をインビザラインで矯正治療

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております