menu
表参道しらゆり歯科
×

Cases治療症例

30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善

患者様
30代女性
治療期間
1年
概算治療費
77万円(インビザライン コンプリヘンシブパッケージ)
担当医
今村

来院動機

前から2番目の側切歯と呼ばれる歯が内側に生えており歯列がガタガタになっているのを治したいとのことで来院されました。

治療計画

詳しく検査をしたところ叢生はあるものの幸いにも奥歯の噛み合わせに問題がほとんど見られませんでした。よって歯列を整えるスペースを確保するため、歯列弓の拡大に加えIPR(歯と歯の隣接部分を少し削る)をする必要最低限の移動で歯列矯正治療をすることとしました。

治療後について

しっかりとインビザラインの装着をしていただけたため、短期間できれいな歯列弓となりました。

治療前
30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善
治療後
30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善30代女性 短期間で非抜歯による反対咬合(受け口)の改善

歯列の拡大とIPR(ディスキング)

非抜歯による矯正治療において歯を移動させるためのスペース確保が必要となります。
横に拡げる歯列の拡大することにより
スペースを確保する方法、
歯と歯の間を一ケ所あたり最大0.5mmまでの範囲内で削ることで空いたスペースを数か所分合わせることで合計で数mmの大きなスペースが作れるという方法があります。
当院ではなるべく歯の機能や審美的に影響の出ないよう、作業時に拡大鏡(マイクロスコープ)の使用や削るタイミングの微調整を行い治療をしていきます。

関連する症例

20代女性 ブライダルに向けた矯正できれいなスマイルラインへ 治療前
20代女性 ブライダルに向けた矯正できれいなスマイルラインへ
30代女性 歯根破折と歯列矯正の治療で噛み合わせを改善 治療前
30代女性 歯根破折と歯列矯正の治療で噛み合わせを改善
30代女性  ガタつきのある狭窄歯列を改善する 治療前
30代女性 ガタつきのある狭窄歯列を改善する

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております