menu
表参道しらゆり歯科
×

Cases治療症例

20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療

患者様
20代女性
治療期間
4ヶ月
概算治療費
部分矯正15万円/オールセラミックブリッジ30万円
担当医
今村

来院動機

右下奥歯が欠損しているためブリッジでの補綴治療をしたいとの主訴で来院されました。

治療計画

診査した結果、欠損した状態で長期間放置していたことが原因で最高峰の奥歯が欠けた部分に向かって傾斜してしまっていました。
この状態のままブリッジ治療へと進んでしまうと神経が露出する可能性が否定できないため、まずワイヤー装置による部分矯正で歯軸を通常位置へ戻してから補綴治療を行うこととしました。

治療後について

欠損した部分が補綴され、普通に噛めるようになったと喜んでいただけました。

治療前
20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療
治療後
20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療20代女性 傾斜してしまった奥歯の部分矯正を併用したブリッジ治療

治療について

本症例では、健康な歯を可及的に守るため神経の処置を避けた上で部分矯正を併用して行うことにより、安全に補綴治療(ブリッジ)ができました。
神経を取ってしまうと
・歯が弱くなる
・感覚がなくなることによって虫歯の発覚が遅れてしまう
・破折のリスクが高まる
などといったデメリットが発生します。
よって可能な限り神経を抜かない治療を選択しました。

欠損した部分の放置

歯が欠損した部分を長期間放置してしまうと、欠損部分に食べ物が入り込んだり、隣り合う歯が倒れこんでしまったり、噛み合うはずの歯が伸びてしまうなどの問題が発生することがあります。
なるべく早く治療のご相談に行かれることをお勧めいたします。

関連する症例

30代男性 神経一歩手前の深い虫歯をセラミッククラウンで治療 治療前
30代男性 神経一歩手前の深い虫歯をセラミッククラウンで治療
20代男性 銀歯を白くしたい 治療前
20代男性 銀歯を白くしたい
40代女性 繰り返しニキビのようなものができる 治療前
40代女性 繰り返しニキビのようなものができる

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております