menu
表参道しらゆり歯科
×

Cases治療症例

20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する

患者様
20代女性
治療期間
1年6ヶ月
概算治療費
96.8万円(インビザライン コンプリヘンシブパッケージ + マイクロインプラント費用)
担当医
今村

来院動機

以前治療した抜歯矯正から後戻りをしてしまった歯列のがたつきを再矯正したいとのことで来院されました。

治療計画

元々中学生から高校生にかけてワイヤー装置を用いた矯正治療をされた患者様でした。
大人になるにつれてライフスタイルの変化が生じ、歯が元の位置に戻らないように保定するためのリテーナーを継続使用することが難しくなったことから、歯列にがたつきが目立つようになったのでもう一度矯正治療をしたいとのご希望でした。
既に上下左右の4番目の歯が抜歯されているため、今回のケースでは非抜歯による歯の移動のみで矯正をしなければならず、難易度が高いものになりました。

治療後について

後戻りしていた歯列もきれいに整い患者様にはご満足いただけました。

治療前
20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する
治療後
20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する20代女性 10代の頃にした矯正の後戻りを再矯正する

後戻りについて

小学生~高校生の間に矯正治療をされている方で、その後の成長や生活の変化におけるリテーナー(後戻り防止装置)の継続使用が困難となり、叢生(ガタつき)が時間の経過で再発してしまうケースが多くあります。
一度目の矯正治療の際に抜歯をしていたり後戻りでのガタつきの度合いによって再矯正における治療期間が最初の矯正治療と同程度に要する場合もあります。

関連する症例

30代女性  ガタつきのある狭窄歯列を改善する 治療前
30代女性 ガタつきのある狭窄歯列を改善する
10代女性 生まれつき小さい歯をセラミックで補綴しすきっ歯を改善する 治療前
10代女性 生まれつき小さい歯をセラミックで補綴しすきっ歯を改善する
30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善 治療前
30代女性 非抜歯で噛み合わせとガタつきの改善

無料相談予約・お問い合わせ

event_available無料相談予約

無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら

mail_outlineお問い合わせ

医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら

phone_forwarded医院直通電話

お電話でのご予約も
受付けております